LSDトレーニング2

LSDトレーニング2

 

食欲をおさえられる
同様の運動であったとしても、ウォーキングとLSDでは、LSDの方が体重減少・脂肪燃焼率は上進する。
これは単純にLSDのほどよいスピード感がホルモン分泌量を増やすというわけで。ホルモンが多く分泌されることで、脂肪燃焼を促すに限らず食欲をおさえる効果も得られる。
LSDトレーニングでより効果を得ようと思うのであれば、どんなに悪くても60分以上は継続していくようにしよう。

痛みや怪我のリスクが低くなる
「膝が痛い」「足首やふくらはぎに痛みが・・」など、とくに初心者ランナーが訴えがちなのは足の痛みについて。
これらの痛みは、自分が考えている以上に速いペースで走って過度な負担が慣れないカラダにかかっているのが主な原因。
ウォーキングの延長に相当するLSDトレーニングの場合、ランニングと違い一歩一歩の歩幅が狭く脚に負担がかかりにくくなる。
脚に痛みが生じると「今日はお休みしておこう」となり、気付いた時にはトレーニングから遠ざかってしまい、ダイエットという目標を達成しないまま終わってしまう。カラダへの負担が心配な方は、ぜひともLSDトレーニングを実践してみてすることをお勧めします。
まとめ<BR>今回はLSDトレーニングとはどのようなトレーニングか!また、LSDトレーニングで期待して良い効果について紹介をしてきました。少しは関心が湧いてきましたでしょうか?カラダへの負担が少なく、ラクで高い効果を望めるLSDトレーニングはとてもオススメと言えます。
多数のランナーも取り入れているこのLSDトレーニンング、可能であれば週に3回は行い、効率よくダイエットを実現させちゃいましょう。しばらく継続することで、しっかりした効果を実感可能だという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です